ストレスをマネジメントする

ご自身のストレスに気づき、ストレスを減らす行動をとることや、ストレスの原因に対処すること、各種のリラクゼーション法を身に着け、毎日短時間でも行うことは、ストレスに打ち勝つレジリエンスを高めると言われています。リラクゼーションの方法は多数あり、呼吸法はその基本です。その他にも...

セルフケアする!

COVID-19パンデミック大規模災害下では、自身が幸福であることに罪悪感を感じやすくなります。このような時こそ、ご自身のセルフケアの状態に気付き、その根底にある真の欲求を見つめて、それを満たす形でセルフケアを充実させることが必要です。特に活動と休息のバランスの維持は重要で...

セルフモニタリング力を高めよう!

COVID-19パンデミック大規模災害下では、自身の状態に気付かないまま、ついつい無理をしていることがあります。セルフモニタリングの機能を高めるために、既存の評価指標を活用することも、一つの方法です。ここでは簡便なセルフモニタリングができるツールを紹介しているサイトを紹介し...

 

燃え尽き症候群に対する効果的な支援

COVID-19大規模災害が長引いている現在、今まで良く働けていた人が燃え尽き症候群に陥り、離職や休職に追い込まれることが世界的に懸念されています。特に訪問看護の分野で働く看護職者は、元々労働負荷が大きいこと、チームから離れた状況で一人で訪問していることが多いこと、それに加えてCOVID-19の影響があることから、燃え尽き症候群が多いと言われています。燃え尽き症候群の予防的な支援として、「a)感謝の戦略(感謝を表す手紙を送ることなど)、b)同僚とのつながり、c)ストーリーテリング(自分の経験を物語ること)、d)レジリエンストレーニング」が推奨されています(Unger,2022)。


出典

Unger C. Introducing a Resiliency Bundle for Home Care Nurses. Home Healthc Now. 2022 Jul-Aug 01;40(4):202-208. doi: 10.1097/NHH.0000000000001093. PMID: 35777941.

shutterstock_303532106.jpg